研究・社会活動

都市経済研究センター

地域社会で開かれた大学

宇都宮共和大学は、地域社会に開かれた大学をめざします。 都市経済研究センターは、調査・研究、まちづくり、ベンチャー起業、市民公開講座、講演会、セミナー、NPOとの連携など多様な活動により、社会に貢献するセンターです。

OUTLINE

名称
都市経済研究センター
開設
平成13年4月
目的
都市経済学研究センターのめざすものは、次の通りです。
都市経済分野を中心とした学際的、実証的な調査、研究をおこなうとともに、地域社会や都市経済の発展に資する政策提言をおこなう
地域社会との積極的な交流を図ることにより、地域社会や都市経済の発展に貢献する
事業
都市経済研究センターでは、目的達成のため、次の事業を推進します。
都市・地域経済を中心にした自主研究、共同研究
都市・地域経済等にかかわる受託調査・研究
都市・地域経済関連資料、データの収集、整備
都市・地域経済等にかかわる政策提言
都市経済人育成を目的としたセミナー、講座等の開講
経営等診断、研修、コンサルティング活動
大学、研究機関、企業、行政等との交流・連携活動
研究年報『都市経済研究』、研究レポート、研究成果等の発刊
組織
当研究センターは本学専任教員が中心の研究員となり、外部の研究者、専門家の方々にも客員研究員などとして参加いただき、学際的な活動ができる組織を整えています。