子ども生活学部

学部・学部長のごあいさつ

学長からのごあいさつ-未来志向の皆さんへ

宇都宮共和大学
学長 須賀 英之

東京大学経済学部を卒業。日本興業銀行(現みずほ銀行)人事部副調査役、産業調査部主任部員、本店営業部・業務部副部長などを歴任し、平成12年須賀学園に戻る。

現在、学校法人須賀学園副理事長、宇都宮共和大学学長、宇都宮短期大学学長、同附属中学校長・高等学校校長、栃木県私学審議会委員、栃木県文化振興審議会会長、栃木県楽友協会会長、宇都宮まちづくり推進機構理事長、とちぎの元気な森づくり県民会議会長などをつとめる。

「乳幼児期」は、生涯にわたる人格形成の基礎となる大変重要な時期です。
 今、家庭生活や地域の環境は、子ども達が心身ともに健全に育つためには、必ずしも適切とはいえない状況にあります。たとえば、家庭は核家族化、小家族化となり、母親の就労、長時間労働による父親の不在、母親の育児不安など、さまざまな課題を抱えています。また少子化などによる兄弟姉妹の減少は、子どものコミュニケーション能力の低下を招き、同年齢や異年齢の子どもとうまくかかわり、遊ぶ力が育ちにくくなっています。

 子どもを取り巻く社会環境は、子どもの衣食住の全てにわたり、大量生産による商品の消費やテレビ・ビデオ・パソコンなど人工的な機器に適応する能力を求められて、主体的にものを考え自ら環境に働きかけていく機会が減少しています。  就学前の子どもたちの健康で豊かな発達を支える仕組みについて、社会的にも大きな関心が向けられています。0歳からの親の保育を支援する保育所と3歳からの教育の場である幼稚園は、その両方の働きを統合して0歳からの子どもの発達を総合的に支援しようという気運が高まっています。これからは、保育士と幼稚園教諭の両方の資格・免許を持ち、さらに幼小連携や特別支援の理解が深い保育の専門家が求められています。また親の生活や地域での生活を含めて、子どもの育ちを支えることのできる幅広い高度な知識と技能をもった人材がますます必要となっています。

 このような社会環境にある中、「子ども生活学部 子ども生活学科」では、乳幼児期の子どもの生活、保育・教育と社会環境に関する専門家を、4年間の大学教育でしっかりと養成し、みんなで支えあう温かい地域社会づくりに貢献し、子どもと大人の豊かな生活を探求したいと願っています。

子ども生活学部 学部長からのごあいさつ

宇都宮共和大学
子ども生活学部
学部長・教授 日吉 佳代子

お茶の水女子大学卒業
お茶の水女子大学大学院児童学専攻修士課程修了

こどもは未来です。こどもたちは”希望”です。

 子ども生活学部は、子どもが大切にされ、子どもが健やかに成長し、生き生きと育つことのできる社会を目指して、子どものための保育と教育、研究ができる人を育てます。
あなたは、この地球上の子どもたちのために、日本の子どもたちのために、栃木の子ども達のために、そして自分の将来の子どものために、どんなことをしたいと思っていますか?
あなた自身の‘希望’をこの学部でぜひ大きく膨らませてください。

子ども生活学部で学ぶことで、子どもと子どもの生活に関連するさまざまな専門的な仕事への道が大きく開かれます。幼稚園、保育園、こども園、子育て広場、子どもセンター、子どものための産業、企業、役所、研究所など将来の職場は幅広くあります。幼稚園教諭一種免許、保育士資格は、子どもたちの未来を担う仕事をする専門家として、これからの日本で最も必要とされる重要な免許・資格です。将来どのような職場で働くとしても、この2つの免許・資格があることは大きな力となります。

 子ども生活学部では更に、音楽療法士や小学校教諭一種免許、特別支援学校教諭一種免許も取得可能です。ぜひ多くの免許・資格を身につけてください。
4年間の大学生活では、まず、さまざまな学問を幅広く学び、豊かな教養を身につけて欲しいと思っています。豊かな教養と豊かな人間性は、育ちつつある子どもと接するうえで欠かせない資質です。幅広い学問の土台の上に、子どもに関する専門的な知識や技能が開花します。3、4年生になると、本格的に幼稚園や保育園、児童福祉施設などでの実習が始まり、この学部で学ぶことの楽しさや喜び、そして多少の苦労を知ることでしょう。子ども生活学部で真摯に学ぶことにより、あなた自身の、未来への“希望”は必ず実現することができるでしょう。教職員一同、皆さんの真摯な学びと将来への希望と意欲を心から応援しています。