子ども生活学部

学部・学部長のごあいさつ

学長からのごあいさつ-未来志向の皆さんへ

宇都宮共和大学
学長 須賀 英之

東京大学経済学部を卒業。日本興業銀行(現みずほ銀行)人事部副調査役、産業調査部主任部員、本店営業部・業務部副部長などを歴任し、平成12年須賀学園に戻る。

現在、学校法人須賀学園副理事長、宇都宮共和大学学長、宇都宮短期大学学長、同附属中学校長・高等学校校長、栃木県私学審議会委員、栃木県文化振興審議会会長、栃木県楽友協会会長、宇都宮まちづくり推進機構理事長、とちぎの元気な森づくり県民会議会長などをつとめる。

「乳幼児期」は、生涯にわたる人格形成の基礎となる大変重要な時期です。
 今、家庭生活や地域の環境は、子ども達が心身ともに健全に育つためには、必ずしも適切とはいえない状況にあります。たとえば、家庭は核家族化、小家族化となり、母親の就労、長時間労働による父親の不在、母親の育児不安など、さまざまな課題を抱えています。また少子化などによる兄弟姉妹の減少は、子どものコミュニケーション能力の低下を招き、同年齢や異年齢の子どもとうまくかかわり、遊ぶ力が育ちにくくなっています。

 子どもを取り巻く社会環境は、子どもの衣食住の全てにわたり、大量生産による商品の消費やテレビ・ビデオ・パソコンなど人工的な機器に適応する能力を求められて、主体的にものを考え自ら環境に働きかけていく機会が減少しています。  就学前の子どもたちの健康で豊かな発達を支える仕組みについて、社会的にも大きな関心が向けられています。0歳からの親の保育を支援する保育所と3歳からの教育の場である幼稚園は、その両方の働きを統合して0歳からの子どもの発達を総合的に支援しようという気運が高まっています。これからは、保育士と幼稚園教諭の両方の資格・免許を持ち、さらに幼小連携や特別支援の理解が深い保育の専門家が求められています。また親の生活や地域での生活を含めて、子どもの育ちを支えることのできる幅広い高度な知識と技能をもった人材がますます必要となっています。

 このような社会環境にある中、「子ども生活学部 子ども生活学科」では、乳幼児期の子どもの生活、保育・教育と社会環境に関する専門家を、4年間の大学教育でしっかりと養成し、みんなで支えあう温かい地域社会づくりに貢献し、子どもと大人の豊かな生活を探求したいと願っています。

子ども生活学部 学部長からのごあいさつ

宇都宮共和大学
子ども生活学部
学部長・教授 河田 隆

日本体育大学体育学部卒業
放送大学教養学部心理と教育コース卒業

栃木県スポーツ推進審議会会長、栃木県民公園福祉協会評議員、栃木県レクリエーション協会副理事長、宇都宮市社会教育委員会委員長、宇都宮市スポーツ振興財団評議委員議長、宇都宮市子ども・子育て会議委員、那須塩原市市民大学運営委員などをつとめる。

「学問のすすめ」 ―大学は教養を高めるところ―

 「学問」は私たちがよりよい生活環境を創造するために発展したものであり、私たちのすべてを幸せにするための文化であります。現代社会において私たちは幸せになる権利を持ち、またそれを可能にする学問をする権利を誰もが持っています。幸せになることを望まない人間は誰一人いないと思います。

 誰でも自由に学問に志すことができるような社会になったのは、長い日本の歴史の中で言えば最近の明治時代に入ってからです。封建社会が崩壊して、自由・平等な社会ができたから実現したことです。この時代の慶應義塾大学の創始者である福沢諭吉の著書「学問のすすめ」では、誰も平等に望む仕事ができるような時代になったので、それを可能にするためにも学問を志すことをすすめています。

 現代社会では、世界の国によっては、学校にも行けず、夢に向かうことも許されず、毎日苦しい生活をしている子どもたちが多く存在しています。一番望むことはと聞かれると、「学校に行きたい」と発言する子どもたちが多くいることも現実です。日本のような豊かな国の子どもたちは、学校に行けることが当たり前で、このことがとても「幸せ」であることを時には一人ひとりが考えることも大切であると思います。

 学問には「無駄」なものは何もありません。自分自身を取り巻いているすべての環境が「教育刺激」であり学問です。大学生活において講義はもちろん、休み時間も課外におけるサークル活動や地域社会のおけるボランティア活動おいてもすべての環境が「教育刺激」であり学問です。それらの活動が一人ひとりを成長させ、豊かな人格を形成してくれます。時には楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、苦しいこと、いろいろのことが、私たちを強く、たくましく、そして賢くしてくれる「教育刺激」であり学問です。

 私は、学問で身に着けた教養が「生きる力」となり幸せな人生を創造できると確信しています。一人ひとりが様々なことに積極的に挑戦し、それぞれの幸せな人生の創造に向かって学問を志してくださることを心より願っています。