共和大学からのお知らせ

お知らせ

子育て支援研究センター 第30回親子遊びの会 実施報告

本学子育て支援研究センターによる「親子遊びの会」では、就学前(0歳〜6歳)の幅広い年齢の子どもと保護者が一緒に活動します。遊びの支援、親子関係の支援、家族同士の繋がり作り支援を目的に、教員と学生がさまざまな遊び・活動を企画しています。

平成30年度第2回(7月18日(水)実施)は、昨年度も好評だった平日での開催でした。16家族38名の親子(主に0歳から未就園児)の皆様に参加いただき、様々な遊びと懇談のひとときをもちました。
この日の準備は、子育て支援を学ぶ学生42名が頑張って行いました。『遊びのおもちゃ箱』をテーマに、様々な種類の感覚遊びコーナーや牛乳パックトンネル、ダンボールの車、おままごと、魚釣りなど手作りの遊びがたくさん!親子は思い思いのコーナーを回って遊んだり、学生によるパネルシアターや紙芝居の読み聞かせを楽しんだりしました。保護者の方からは、「様々な手作りおもちゃで遊べて子どもが楽しそうだったし、大人は身近な素材でできていることに感動した」との感想をいただきました。
後半、保護者の方々は子どもの年齢で2グループに分かれ、教員を交えて懇談を行いました。生活習慣や子どもの行動への対応についてなど、質問や意見交換がなされ,「このような相談の場がありがたい」との声が多数聞かれました。  
学生にとっては、親子で楽しめる遊びや活動の工夫、乳児が遊ぶことを想定した
安全への配慮等、実践を通した貴重な学びとなりました。
次回は9月15日(土)です。『秋祭り』を楽しみましょう!
詳細は、大学HPでお知らせ致します。