共和大学からのお知らせ

お知らせ

11月29日(水)シティライフ学シンポジウムが開催されました。

(鼎談「まちを元気にするLRT」の様子。左から須賀英之学長,中尾正俊常務,古池弘隆特任教授)

2017年11月29日(水),宇都宮シティキャンパスで,「まちを元気にするLRT ―交通未来都市 うつのみやの取組― 」をテーマにシティライフ学シンポジウムが開催されました。

冒頭では駐日フランス大使 ローラン・ピック氏をお迎えし,「フランスの地方再生にいかにLRTが寄与したか」と題してゲストスピーチをいただきました。次に,宇都宮共和大学都市経済研究センター長 古池弘隆特任教授から「LRTとまちづくり ―内外の事例― 」についての講演を,続いて,宇都宮ライトレール株式会社常務取締役 中尾正俊 氏から「宇都宮ライトレールの取組」についての講演を行いました。

さらにパネルディスカッションでは,中尾正俊常務,古池弘隆先生に,宇都宮まちづくり推進機構理事長・宇都宮共和大学長 須賀英之がパネリストに加わり,「まちを元気にするLRT」について様々な面から鼎談を行いました。当日は,約160名の皆様にお越しいただき,盛況のうちに終了しました。

▽ゲストスピーチ「フランスの地方再生にいかにLRTが寄与したか」
ローラン・ピック 氏(駐日フランス大使)

▽講演1「LRTとまちづくり ―内外の事例― 」
古池 弘隆 (宇都宮共和大学都市経済研究センター長・特任教授)

▽講演2「宇都宮ライトレールの取組」
中尾 正俊 氏(宇都宮ライトレール株式会社常務取締役)

▽鼎談「まちを元気にするLRT」
パネリスト
 古池 弘隆  (前掲)
 中尾 正俊 氏(前掲)

聞き手
 須賀 英之(宇都宮まちづくり推進機構理事長・宇都宮共和大学長)