共和大学からのお知らせ

お知らせ

子育て支援研究センター 第26回 親子遊びの会 実施報告

 本学「親子遊びの会」では、遊びの支援、親子関係の支援、親子同士の繋がり作り支援を目的に、さまざまな遊び・活動を行っています。対象は、地域の未就学児をもつご家庭。参加者が主体的に活動することを大切に、教員・学生が事前の準備、当日の運営や援助を行っています。
 今年度4回目(9月16日)は、「ミニ運動会」を行いました。参加者は22家族58名、学生スタッフ(1年生〜3年生の計18名)が運動会を盛り上げました。
 「親子遊びの会」の運動会は、参加者一人ひとりが主役です。運動会の種目も子どもたちと相談して決めます。かけっこ、綱引き、玉入れなど、0歳から6歳までの子どもたちがそれぞれの力を発揮して、思いきり楽しみました。保護者の方々も、応援や綱引きなど全力で(?)ご参加下さいました。ありがとうございます。
 運動会の種目と並んで、朝礼台での挨拶も子どもたちに人気! 最後の「講評」ではたくさんの子どもたちが感想を話してくれました。
 学生たちにとっても、子どもの“やりたい!”という気持ちを汲み取ることの大切さ、様々な年齢の子どもたちが一緒に活動する中での安全への配慮など、たくさんの気づきが語られ、貴重な学びとなりました。
 次回は12月16日(土)を予定しています。大学HPでお知らせしますのでご覧いただき、ぜひご参加下さい。
 写真は、左から

1, 気持ちいい芝生の上、みんなでNo.1体操!
2, かけっこでのひとコマ。「もう1回!」、子どもたちからのリクエストで何回戦も行われました。
3, 子どもたちによる講評「楽しかったです!」。様々な場面で子どもが主役になれるのも「親子遊びの会」ならではです。