共和大学からのお知らせ

お知らせ

スキー実習を実施しました

2月15日(水)〜17日(金)の3日間、栃木県マウントジーンズ・スキーリゾート那須にて、2泊3日のスキー実習が行われました。参加者は、宇都宮共和大学子ども生活学部と宇都宮短期大学人間福祉学科の1年生、宇都宮共和大学シティライフ学部の1・2年生、合わせて33名でした。
今年のスキー実習は3日間とも天候に恵まれ、澄み切った青空のもと、程よく降り積もった雪の上を、気持ちよく滑ることができました。1日目は、午後1時からインストラクター指導によるレッスンがスタートしました。学生たちは、スキーまたはスノーボードのどちらかを選択し、レッスンに臨みました。レッスン中は、どのグループの学生たちも、熱心にインストラクターの話に耳を傾けていました。夜の研修では、スキー班とスノーボード班に分かれて、昼間のレッスンのまとめや、明日のレッスンでの技術向上に向けての講義を受けました。学生たちは、積極的に質問をしていました。
スキー実習2日目も、朝から良い条件の中でのレッスンとなりました。ゴンドラで山頂まで行き滑り降りてくる班も見られ、上達している姿を見ることができました。
3日目最終日は、午前のみの滑走でしたが、仲間や教員と自由に滑りました。今回、初心者で参加した学生の多くも、山頂から滑り降りてくることができるようになり、「また、来ようね!」と嬉しそうに話している姿がとても印象的でした。
今年は、昨年より雪が多く、天候に恵まれた3日間の実習となりました。参加した学生たちは、スキーまたはスノーボードの技術を向上させることができ、とても満足した様子でした。