共和大学からのお知らせ

お知らせ

「第15回学生&企業研究発表会」で本学学生が地域経済貢献賞を受賞しました!

受賞者の集合写真。中列右端が「地域経済貢献賞」を受賞した宇都宮共和大学の発表代表者・福田好古君

 2018年12月1日(土),「第15回学生&企業研究発表会」(大学コンソーシアムとちぎ主催)が,帝京大学宇都宮キャンパスで開催されました。栃木県内の学生や大学関係者,産業界から約500名が参加し,社会貢献や地域貢献をテーマに,学生が主体となって行った日頃の研究や活動の成果が発表されました。(県内10大学(高専含む)から60件の口頭発表、4大学(高専含む)から19件のポスター発表)

 本学からは地域社会活性化分野に3件の研究発表があり,シティライフ学部山島ゼミ+都市アメニティ研究会(代表:福田 好古君)の「石の街 大谷 ―景観活用に向けて―」が冠賞第1位の地域経済貢献賞を,同内藤マーケティング論ゼミ2年(代表:大野 ありあさん)の「那須烏山市『山あげ野外劇場』建設について(共同研究:県立烏山高等学校「烏山学」研究チーム)」が烏山信用金庫理事長賞を,同高丸ゼミ3年(代表:宮井 祐さん)の「地方自治体の行政文書を対象としたLinked Open Text Dataの提案」が奨励賞を受賞しました。本学としては,2年連続で「地域経済貢献賞」受賞となりました。