共和大学からのお知らせ

お知らせ

7/22(金)「シティライフ学シンポジウム」が開催されました

(高見沢実氏による講演の様子)

2016年7月22日(金),宇都宮シティキャンパスで「シティライフ学シンポジウム」が開催されました。
今回は「地域連携でめざすまちづくり」をテーマに,宇都宮都市圏を住みやすく,快適にするためのまちづくりの施策や人材養成について考えました。
基調講演では高見沢実氏をお迎えし,「地域における産官学民の連携」をテーマにご講演いただきました。
また,パネルディスカッションでは,冨山久美子氏,大町浩美氏,五月女聖氏,内藤英二教授がパネリストに加わり,「地域連携による新たなまちづくりの可能性」について発表や意見交換が行われました。当日は,約120名の皆様にお越しいただき,盛況のうちに終了しました。

基調講演「地域における産官学民の連携―住みたいまちをプロデュースする―」
高見沢 実 氏(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授)

パネルディスカッション 「地域連携による新たなまちづくりの可能性」
パネリスト
高見沢 実 氏(前掲)
冨山久美子 氏(宇都宮市経済部観光交流課都市魅力創造室長)
大町 浩美 氏(下野新聞社宇都宮まちなか支局長)
五月女 聖 氏(株式会社ホテル東日本宇都宮営業部法人営業課主任)
内藤 英二  (宇都宮共和大学シティライフ学部教授)
コーディネーター
古池 弘隆(宇都宮共和大学都市経済研究センター長・シティライフ学部教授)